Archives

All posts by admin

専用サーバーの導入を検討する際、一番ネックになるのが初期費用です。

通常は初期費用を一括で支払いますので、一度に負担する金額が多く気軽に導入できません。

そういう時便利なのが、さくら専用サーバーです。

専用サーバー導入でネックとなる、初期費用の分割払いが可能となっています。

これは全プランに共通していますので、初期費用を分割にすれば無理なく支払えるので、専用サーバーの導入もしやすいと思います。

プランは3シリーズ、計7プランがあります。

一番安いプランでは、初期費用が97,200円から、月額費用が9,720円からとなっていますが、これはあくまでも最低限の価格なので、プランのグレードを上げていけば料金も高くなりますし、各プランで選ぶサーバーモデルやメモリ、ストレージを追加する場合はさらに費用が追加されます。

さくら専用サーバーのホームページには、料金シミュレーションがあるのでこれを使えば、オプション毎に初期費用と月額費用の見積ができます。

参考までに初期費用を分割にした一番安いプランで、メモリとストレージを追加し、オプションに専用グローバルネットワーク プランとファイアーウォールサービスを最低限の価格で見積もりしてみました。

その結果初期費用は15,039円、月額費用は35,599円となりました。

プランのグレードを上げ、オプションも豪華にすればもっと費用がかかりますが、最低限のプランならこの価格で専用サーバーが使えるという事になります。

ただし初回のみ初期費用と月額費用の2ヶ月分が請求されますので、実際の支払いは初回のみ2倍になります。

参考ページ–>[レンタルサーバーの選び方の基準|ここだけは押さえて!

さくら専用サーバーに申し込む場合は、オンラインでの申し込みが可能です。

郵送や電話申し込みという場合は、時間がかかる事がありますし、申込書への記入や電話で相手に伝える際の煩わしさなどもあるため、気軽に申し込めるオンライン申込はとても便利です。

さくら専用サーバーに申し込む場合には、郵送申込という方法も選べますが、時間がかかりますので、急ぐ場合はオンライン申込がおすすめです。

ただし一度に大量のサーバーを申し込む場合は、郵送申込のみの受付になりますので注意してください。

申し込み画面に行き、画面の指示に従って必要事項の入力と項目を選択すればいいだけなので、初めて申込む人も簡単に操作できます。

郵送申込の場合でも、申込書はサイトからダウンロードできます。

支払い方法はクレジットカード、請求書払い、銀行振込の3種類ありますので、都合のいい方法を選べます。

ただしクレジットカードで支払えば、申込みから最速10分での利用開始が可能となります。

最速10分を可能にするには、条件もありますが、急に専用サーバーが必要になった場合はこの速さなら助かります。

支払い方法に請求書払いと銀行振込を選んだ場合は3日営業日以内、OSがWindowsの場合は5日営業日以内となっています。

サーバー納期が早いのも嬉しいところですが、利用開始日の指定が可能なのもさくら専用サーバーの特徴でありメリットです。

申込時に、8日から30日後までの範囲で希望利用開始日の指定ができます。

さくら専用サーバーは、3シリーズで計7つのプランが用意されています。

専用サーバーを利用するメリットは理解していても、初期費用の高さがネックになり、気軽に申し込めないという場合があります。

しかしさくら専用サーバーなら、全プラン初期費用の分割払いが可能となっていますので、無理なく専用サーバーを導入できますし、月額費用も予算や目的に合わせて、最適なプランを選べます。

エクスプレスシリーズは、Xeon4コア・6コア・12コアの3プランに分かれていて、シリーズの中でも低価格なので低コストでの導入が可能です。

メモリは全プラン標準で16GBありますが、Xeon4と6は最大32GBまで、Xeon12コアは最大64GBまで増設可能となっています。

ストレージ搭載台数は共通で4台、ローカルネットワークは台数無制限なのに0円です。

コスパを重視したい人におすすめのプランです。

エクスプレスG2シリーズにはXeon4・8・16の計3プラン、アドバンスドシリーズはXeon12コアのみですが、メモリが標準16GBから最大で192GBまで増設可能なので、ハイスペックを重視する人におすすめです。

ストレージ当最台数は、エクスプレスシリーズが8台、アドバンスドシリーズが14台となっています。

自分に合ったプランを選べますが、どのプランにしていいか決め兼ねる場合は、さくら専用サーバーのホームページにある、料金シミュレーションでの見積もりをおすすめします。

個人情報の入力もなく、誰でも無料で利用できますし、全プランの料金シミュレーションが可能です。

さくら専用サーバーには様々なメリットがあります。

専用サーバーは便利だと分かっていても、費用がかかるためレンタルサーバーを利用する人も多いのですが、さくら専用サーバーでは全プランに初期費用の分割払い制を導入しています。

メモリは最低でも16GBありますし、増設も可能です。

ローカルネットワークに関しては、全プランとも台数無制限0円となっています。

仕事上急に専用サーバーが必要になるという事もありますが、この場合初期費用の高さがネクになり、レンタルサーバーで何とかしようとします。

でもさくら専用サーバーなら、初期費用を分割払いできるので無理なく導入できます。

会社による違いはありますが、専用サーバーに申込をしてから実際に利用できるまでには少し時間がかかりますが、さくら専用サーバーなら最速10分でサーバーが使えますので、こういった素早い対応もメリットです。

目的に合わせてプランを選べますし、出来るだけ初期費用を抑えたいという場合は、後から増設も可能なので、最初は予算に合わせて低コストの内容を選べます。

コントロールからすべての操作が可能となっているので、複雑で面倒な設定も、自分のパソコン画面から簡単に操作できます。

手動でのパーティション設定も可能となっていますので、OSを再インストールする場合も安心です。

コントロールパネルにアクセスすると、トップページには常にサーバーの情報が確認できるよう表示されるようにしているので、利用者にとってのメリットも多いはずです。

参考リンク・・>【共用サーバー、VPS、専用サーバーの比較・違い